2007年10月31日

FXの自動ロスカット


前回のお話で、損失は証拠金から支払われるとお話ししましたが、では、もしも損失が証拠金を上回ったらどうするの?という質問が出てくるでしょう。

一般的に、損失が一定の基準を超えた時には、FX取引業者から「マージンコール」という警告が投資家に対して発せられ、そして、投資家はそれに対して「追証(おいしょう)」と呼ばれる追加の証拠金を預け入れるか、持っているポジションが複数あれば、ポジションを減らすことで調節する、またはそれらができなければ、「強制決済」といい、強制的に決済することで、それ以上損失を膨らませる事を防ぐシステムになっています。これを「自動ロスカット」と言います。

前回お話ししましたが、レバレッジを利かせる事ができるため、預け入れた金額の何倍から何百倍の金額での取引が可能なFXですが、レバレッジの分だけ、取引金額を大きくする分、当然、収益も損失もレバレッジの分だけ大きくなると言う事で、レバレッジを上げれば上げるだけ、ハイリスク・ハイリターンという形になります。損益は大きくせずにすみますが、レバレッジを低くすれば、ポジションを立ててすぐに、自動ロスカットというような事は、よっぽどの値動きがない限りないでしょう。この自動ロスカットの発動ポイントや、レバレッジの倍率などは、FX業者によって異なりますので、口座を作る際に十分に比較検討して下さい。



「Im A Flirt Remix - R. Kelly ft. T-Pain, T.I.」




posted by Blessedw/m at 22:11| マイアミ ☁| FXの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
The Music Video that's a TEN!




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。