2007年11月08日

FXなら円高でも円安でも稼ぐチャンス


一般的なFXのイメージは、ドルが安い時に買って、高くなったら売ると為替差益が出るので収益が得られると言うものでしょう。では、ドルが下がったらFXで稼げないの?という疑問が湧くのが当然ですが、FXのメリットとして「売り取引からでも、買い取引からでも始められる」と言う事が挙げられます。これは、例えば外貨預金の場合、外貨を買った時より円安・ドル高になれば為替差益が出て利益が出ますが、円高・ドル安に進んでしまうと日本円に戻したときに為替差損がでて、目減りしてしまいますが、FXの場合円高に進むであろうと予測される局面では、外貨を売って円を買うという逆の発想の取り引きをする事で利益を上げることができ、円高、円安、両方の局面で利益を狙う事ができます。所有していない外貨を売ることができるの?という疑問が湧くでしょうが、ちょっとご説明しましょう。

例えばその外貨をドルだとして海外旅行に行く時に日本円をドルに両替するとする事を思い出して下さい。両替は、通貨同士の交換です。日本円を払って、ドルを買っていると言う事であり、同時に、日本円を売ってドルで料金を払ってもらってるという事でもあります。常に反対側の行為としても成り立っているのです。普通思いつくFX取引の場合、証拠金を預けて、そこにレバレッジをかけて数倍〜数百倍のお金にして(FX業者から借りる形になります)、外貨を買い(買い取引から入る)その外貨の値段が上がった時にその外貨を売って差益を得るという形だと思いますが、これは「円を売って外貨を手に入れてる」という形に相当し、これを逆の「円を買う(すなわちドルを売る)」所から入る事(売りから入る取引)で、円高局面でもチャンスを作ることができるのです。これで、「持ってない外貨を売れるの?」という謎は解けましたね。

ちなみに、こうした低金利の円を借りてそれを売り、外貨を調達し、高い外国の金融商品などで運用する「円キャリートレード」が海外のヘッジファンドを中心に盛んに行われており、これが円安を招く一因となっています。売りから入る取引で注意しなくてはいけない点は、高金利の通貨を売って低金利の通貨を買うと金利分の利息を払わなくてはならないので、その点を考慮して通貨ペアを選ぶ必要があります。



「Grillz - Nelly ft. Paul Wall, Ali & Gipp」




posted by Blessedw/m at 23:27| マイアミ ☀| FXの基礎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
The Music Video that's a TEN!




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。