2007年11月15日

FX業者を選ぶ時


FXには、株式の取り引きの東京証券取引所のような取引所は存在しません。通貨の取り引きは、「インターバンク市場」と呼ばれる世界中の銀行によって外国為替取引を行うためのネットワークで、取引場ではなく、電話やインターネットを用いて24時間、世界中のどこかで行われているのです。

そして、一般の投資家はこの市場と投資家の仲介を行う「FX取引業者」を通して、通貨の売買を行う形になります。

1998年に施行された新外為法によって、それまでに銀行間に限られていた外国為替取引が、一般に開放され誰にでもできるようになりました。しかし、法整備が万全にされていなかったがために、当時湧くように増えたFX業者の中には信用不安を抱えた業者や悪徳業者も数多く存在し、それにより被害を被った投資家が少なからず居たため、FXと聞くと身構える人も未だに少なくはないかもしれません。

しかし、2005年に改正金融先物取引法(改正記金融法)が成立し、それまで横行していた信用不安を抱えた業者や悪徳業者は排除されました。がしかし、完全に安全か?というと、銀行に比べるとまだ財務的に脆弱な業者も多いのが現状ですし、FX業者選びは様々な要素をリサーチした上で信用のおける、また自分の投資スタイルにあったところを選ぶのがベストです。

現在、大きく分けてFX業者は、1、証券会社系 2、商社系 3、商品先物系 4、独立系 の4つに分ける事ができます。とうぜん背景に大きな資本力があるところは信用不安の問題に関しては、安心できる要素を持ってると言えるかも知れません。

明日から、その他、FX業者を選ぶポイントをいくつかあげていきますので、参考にして下さい。





「Can't Help But wait- Trey Songz」





posted by Blessedw/m at 22:17| マイアミ ☔| FX業者とシステム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
The Music Video that's a TEN!




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。