2007年11月27日

FXの口座開設とデモ取引をする


取引するFX業者を決めたら、いよいよ「口座」を開設します。口座開設は、電話かインターネットで、FX業者に口座開設の申し込みをする事になります。ここでは、インターネット上での口座開設についてお話します。

まず、取引したいFX業者のホームページを開くと、資料請求や、口座開設のフォームを開くボタンがあるので、そこをクリックして申込フォームを開きます。申込フォームには、住所、指名などを記入する欄がありますので、必要事項を記入し、送信します。その後に、FX業者の方から資料や、申し込み用紙などが郵送で届きますので、必要事項を記入し、免許証やパスポートなどの身分証明書のコピーを同封して返送する事になります。身分証明書うが必要になるのは、まずは年齢確認と、もう一つはマネーロンダリング(犯罪に絡むお金の浄化)を防止する目的があります。

また、「取引約款」や、「リスク確認書」が同封されてきますので、必ず目を通しておいて下さい。そうしていると、業者の方で口座開設の為の審査を行い、その審査に通れば、指定の銀行の通知とパスワードなどが送られてきます。そうしましたら、指定された口座に証拠金を振り込んで、いよいよ取引が始められる状態になります。ほとんどのFX業者で、口座開設の手順はだいたい同じですが、それぞれのFX業者のホームページ上での指示に従って下さい。

そして、多くのFX業者では「デモ取引」と言って、バーチャル(仮想)で、シュミレーションをさせてくれますので、デモ取引で少し経験を積む事をお勧めします。これは、申し込み前でもできますので、FX業者選定の前に、そこのシステムが使いやすいかなどを見る為にも利用できます。また口座開設後でしたら、システムに慣れ、本番の取り引きでの操作ミスで思わぬ損失を出す事を防ぐうえで「デモ取引」で練習を積む事は有効だと思いますので、是非試してください。





「Just Fine - Mary J. Blige」



posted by Blessedw/m at 23:19| マイアミ ☀| FX業者とシステム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
The Music Video that's a TEN!




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。