2007年12月04日

FX自動売買:「IFD注文」


もし、ある注文の取引が成立したら、その次の決済の為の注文を自動的に行ってくれるように設定する「IFD注文」についてお話しします。「IFD注文」とは、英語のIf Doneから来ており、ここでは、「もし取引が成立したら次の働きをするという」ことを示して居て、もしエントリー(新規)の注文が成立したら、設定した条件になった時点でエキジット(決済)の注文を出すという「売りと買い」または「買いと売り」の注文をセットであらかじめ設定しておいて、条件がそろった時に自動的に売買してもらうという注文方法です。

例えば、「115円で1万ドル買う」というエントリー注文を出します。そして、同時に「118円になったらこの1万ドルを売る」という決済の注文を出しておきます。この様なエントリーとエキジットの組み合わせであらかじめ注文を出しておく方法が、自動注文の「IFD注文」です。エントリー注文として設定しておいた条件に満ちてこの注文が成立しない限り、続くエキジットの注文は有効にはなりません。もしも、思い通りに相場が動き、この取引が成立すれば、3万円の利益が自動的になれた売買で入ってくると言う事になります。

IFD注文は、はじめに注文を入れてしまえばその後コンピューター画面に張り付いている必要がないと言う事で、忙しい方々に向いているのはもちろん、夜寝る前にちょこっと取引と言う形でFXをしたい人にも便利な注文方法です。寝ている間に、または、コンピュータから離れている間に、うまい具合に相場が動いてくれれば、ほとんど何にもせずに儲けた感じで、ツイてる気分ですよね。

また、IFD注文はロスカット(損切り)にも利用することができます。先ほどとは逆に、「1ドル115円で1万ドル買う」というエントリーの注文と同時に「114円になったらこの1万ドルを売る」というエキジットの注文を出しておくと、必要以上の損失を出さないためのリスクヘッジになります。





「Can I get A what(F/U) - Jay-Z ft Ja Rule」





posted by Blessedw/m at 22:56| マイアミ ☀| FX業者とシステム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
The Music Video that's a TEN!




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。