2007年12月05日

FX自動売買:「OCO注文」


「OCO注文」とは英語の「One Cancels the Other」から来ており、その意味の通りに、2つの注文を出しておいて、片方の注文が成立したらもう片方の注文が自動的にキャンセルされるという注文方法です。OCO注文では、この2つの注文に優先順位はなく、設定しておいた条件に当てはまる方で確定すると言う事です。

例えば、115円で1万ドルのポジションを保持していたとします。120円まで上がって5万円の含み益がでました。ここで決済すればこの5万円が実際の利益になります。が、この先相場が上に行くのか下に行くのか分かりにくい所です。もっと上がるならこのまま保持していたいのは山々ですが、もしかしたら急激に下落するかもしれません。そこで「OCO注文」を使って2種類の注文を出します。ひとつは「122円になったら、利益確定の為の指値の売り注文」と、もう一つは「118円になったら、これ以上損失を膨らませない(損切りの)為の逆指値の売り注文」というようにします。もしも、このまま上昇して122円まで上がればプラス2万円ですし、これが118円まで下がったとしても、今の含み益5万円から2万円マイナスでも3万円の利益は確定できます。

負けない(損失を出さない)事が、結局の勝ちですから、5万円の利益でなく3万円の利益だとしても、損失は出てないのですから、この取引は勝ちとなります。

どちらかが成立すると、もう一方の注文は自動的にキャンセルされますので、手動でキャンセルする手間はありません。ここでの例は、決済注文においてですが、エントリ−(新規)でもOCOは使えます。





「Flashing Lights - Kanye West ft Dwele」






posted by Blessedw/m at 23:15| マイアミ ☀| FX業者とシステム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
The Music Video that's a TEN!




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。