2007年12月25日

FX:各国通貨の特徴−オーストラリアドル


オーストラリアは、高金利で知られています。また天然資源の輸出が主要産業になっているため、オーストラリアドルは「資源国通貨」と呼ばれます。資源国通貨は、原油や貴金属といった商品の価格変動に影響を受ける事が多く、オーストラリアドルも同様に商品価格の上下に影響を受けるため、そちらの要素も考慮に入れる必要があります。

オーストラリア石炭原油ウランといった鉱産物の輸出比率が高いので、オーストラリアドルの取り引きを行う場合は、これらの価格変動にも注意して行いましょう。

日本ではバブル期頃から、豪ドル建てのファンドが数多く販売され、高金利につられた個人投資家が、こぞって買いあさりましたが、その後豪ドルの下落によって、多くの投資家が損失を被りました。もともとオーストラリアドルはマーケットが小さく、大口の注文などが入るとすぐに相場が一方向に傾くという性質を持ちます。また、中国経済との結び付きも強いため、中国経済が上向きであると、牽引されるので上昇の要素となります。しかし、元々は貿易赤字国であることも、頭の隅に置いておくべきでしょう。


MerryChristmas07





「you got it bad - USHER」




posted by Blessedw/m at 22:43| マイアミ ☔| FX為替動向と通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
The Music Video that's a TEN!




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。