2008年01月08日

FX:各国通貨の特徴−中国人民元


中国人民元は、中国の急激な経済発展に伴い近頃存在感を増している通貨です。中国の貿易量が増え、日本アメリカの対中貿易も増加している為です。外貨準備高も日本を抜いて首位に躍り出ました。

2005年それまで人民元は米ドルと実質的なペッグ制(特定通貨との固定相場制)を取っていましたが、固定れ^との切り上げに踏み切り、更に複数の通貨に連動する通貨バスケット制へと移行しました。

中国人民元が不当に安すぎるというアメリカからの強い圧力がかかり、それ以降人民元は上昇を続けています。とは言え、人民元が解放されたわけではありません。海外での人民元んお現物取引には規制がかかっています。更には、為替レートも中国人民銀行の管理下に置かれています。

それでも貿易量の増加する中国人民元は需要が高く、買いの圧力も強いものがあります。この先、人民元の完全開放がいつどんなタイミングで行われるのかが注目すべき点になります。





「Rosa Parks - OutKast」




posted by Blessedw/m at 23:37| マイアミ ☀| FX為替動向と通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
The Music Video that's a TEN!




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。