2008年01月25日

FX:MACD マックディー


FXで使う「MACD(マックディーと読みます)」も、移動平均線から生まれたテクニカル指標で、短期の移動平均線と、長期の移動平均線の差をグラフにしたものの事です。トレンドの転換点や、トレンドの力がどの位強いかを測るものです。

MACDが0よりも下にある時は「下降トレンド」と判断し、0のラインよりも上の時は「上昇トレンド」と判断します。MADCの移動平均線から計算されたシグナルという指標を組み合わせる事で、売りと買いのサインをMACDとシグナルの位置関係で読み取る事が出来ます。

ちなみに、MACDがシグナルを上抜けした時は「上昇トレンド」に転換したことを表して居ます。そしてまた、買い時のサインが出た時に、MACDとシグナルの両方共が0を下回った時は、本格的に上昇する強いサインになります。もしも、MACDとシグナルの両方がプラスの範囲を上昇している時は上昇トレンドが継続している事を示して居ます。一方で、MACDがシグナルを下回った時には、売り時のサインとなり、売りサインが出てMACDとシグナルが両方とも0を上回った時も、売り時となります。





「Jay-Z - I Know -American Gangster-
ft. Pharell - LIVE」




posted by Blessedw/m at 11:51| マイアミ ☁| FXチャート分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
The Music Video that's a TEN!




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。