2008年01月30日

FX:5勝5敗で利益を積み上げる


前回もお話ししたように、FXは、特に初めのうちは金額は少なめでも、余裕資金で行うことが、心理面のコントロールの意味でも必要になってきますが、他にも資金に余裕をもって取引する事の利点があります。

もしも目いっぱいの金額で、例えばドル円のポジションを持ったとして、そこに他の通貨ペアに絶好のチャンスが訪れたとしたら、チャンスをみすみす逃すことになります。そういうchな巣を逃さないためにも、常に資金に余裕を持たせて取引を行っていきます。その為に、ひとつのポジションの額が少なくなたっとしても、リスク分散の面から考えても、そうする事の方がメリットがあると言えます。

同じく、レバレッジも初めは低めに設定していくことです。FXの魅力でもあるレバレッジ。少額で大きな金額を動かして、大きな利益を得られると何度も耳にした事でしょう。でも、同時に大きな金額を動かしているのですから、当然相場が思惑に反して動けば、それだけ大きな損失が出ます。そうした時に、投入した資金は自分の限界ぎりぎり、ぱんぱんな金額で、レバレッジも高くして、目をギラギラさせて取引をしていたら、相場が思わぬスピードで思惑と反対に動きだしたら、FXに遣える資金を全部吹き飛ばして、退場させられてしまっておしまいです。まず、そういうギリギリの取引をしていると、精神的に冷静ではなくなって、正しい判断ができなくなり、その事が致命傷です。

ハイリスク・ハイリターンなどと言っても、もう今更そんな言葉は良い意味として使われていないのが現実です。勝率を上げて大きく稼ぐと言う事を考えても、FXでは9勝してきて得た利益を最後の1回で全部吹き飛ばすような取引だってあり得るわけです。ですから、そんなものを狙うよりも結局、FXは5勝5敗でも、地味でも確実に利益を積み上げれば、トタールで最終的に利益を残せるのは、どちらかを考えるべきです。結局、トータルで見れば、「勝つこと」ではなく「負けないこと」の方が、FXにおいては重要なのです。





「Mannie Fresh - Real Big」




posted by Blessedw/m at 23:29| マイアミ ☁| FX勝敗を左右するもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
The Music Video that's a TEN!




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。