2008年02月04日

FX:順張りか逆張りか


FXで、為替相場のトレンドに乗ってポジションをとることを「順張り」と呼びます。これは、価格の上昇中の通貨を買う、または、下落している通貨を売るという方法です。買った通貨がさらに上昇、または、売った通貨がさらに下落すれば利益が出ます。

一方で、為替相場のトレンドに逆らって売買する事を、「逆張り」と呼びます。上昇中の通貨が、そろそろ天井が近いと判断するときに、前もって通貨を売り、下落している通貨が、そろそろ底をついて反転するだろうと判断した時に、その通貨を買います。上昇、または下落し始めの初めから利幅をとれるので、途中からそのトレンドに乗るよりも大きく利幅が取れるのが特徴ですが、反面判断が間違えば、損失を被ります。

このようにFXにおいて、順張りと逆張りはどちらにも、利点と欠点がありますが、FX初心者は基本的には、順張りがお勧めです。トレンドに乗って売買するので、入りやすいですし、すぐにでも利益が出るところがいいところです。しかし、高値掴みにならずに、早めの利食いと、トレンドが転換した際は、早めの損切りが必要です。

また、逆張りの場合は本当に反転するかどうかを見極めなければなりません。長いトレンドが続いた後に、わずかな反転の兆しが見えたところで注文を入れるようにするといいでしょう。その兆しを読み取るには、チャートが多いに役に立ちます。または、大きな指標が発表された時、これまでのトレンドを変えてしまうような材料が出た時はチャンスです。

一般には、「順張り」はわずかな利幅でコツコツ稼ぐと言うスタンスで、「逆張り」は大きな利幅を時間を長めにかけて稼ぐというスタンスになります。





「Ying Yang Twins - Whistle While You Twurk」




posted by Blessedw/m at 22:36| マイアミ ☀| FX勝敗を左右するもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
The Music Video that's a TEN!




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。