2008年02月12日

FX:ストップ注文を欠かさない


FX取引で、ポジションを立てたら、「損切り」を着実に実行できるように「指値注文」で注文を入れ、必ず「ストップ注文」も入れておくようにするのが理想的です。

株式市場なら市場が開いているのは日中だけですが、FXの場合為替市場は24時間世界のどこかで開いて居る訳ですから、いつ何が起こるか分からないからです。例えば、日中仕事しなくてはいけない時に、深夜眠っている時に、世界のどこかで世界中が注目するような紛争が勃発して、為替相場が大きく変動してしまうという状況も考えられます。

24時間コンピューター画面にしがみついて見張っていられる人はいませんので、損切り指値注文だけじは、リスク管理の面から、ポジションを立てる時に、同時に行うべきでしょう。

例え、FXを続けていて、ストップを入れた後に、もっと儲けるチャンスがあり、それを逃したとしても、そこで、ストップさえ入れておかなければなどと、考えてストップを入れることをやめてしまうのは問題です。もしも、為替相場が反対に動いていたら出ていたであろう損失を考えれて、次回からはストップをもっと上手に入れられるようになるように分析の精度を上げた方が、今後のFXでの利益につながります。




「Kanye West - Diamonds」




posted by Blessedw/m at 22:23| マイアミ ☁| FX勝敗を左右するもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
The Music Video that's a TEN!




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。