2008年02月20日

FX:負けを認められる性格


FXに限らないのですが、投資全般において、向かない性格と言うのがあります。第一に挙げられるのが、負けず嫌いな性格です。含み損が出た時点で、自分の読みがすでに間違っていたことを認められずに、損失が確定できない、そして更に損失を膨らませるというパターンが非常に多いのが現実です。ずるずると甘い期待をして同じ行動をするパターンも結果は同じですが、負けず嫌いよりは、軌道修正が早めに行えますが、負けず嫌いな投資家の場合は、負けた後の自己分析も十分に行えない為に、よくないサイクルを繰り返してしまう可能性があります。

FXで分析が間違っていた、タイミングが間違っていた、どちらにしても、間違っていたその事よりも、自分のお金がかかっているのですから、何が悪かったのかの分析をして正す方が先決なのです。そして、今後のFX取引をより良いものにすること、利益を上げられるようになることの方が重要です。為替相場が思わぬ方向に動き始めたら、素直に間違いを認めて、切り上げて次の戦力を立て直す方が、投資効率が上がります。投資格言には「判断を誤る事は正常な事。ただし、その過ちを修正しない事は異常な事」と言うものがあります。FXは、なんども言うように、いくら勝率を上げても、たとえ全勝しても、利益の面で成功しているとは限りません。負けず嫌いな性格がFXにおいて度を超すと、損切り遅れるまたは、できずにナンピンを繰り返すことになり傷口を広げかねないので、小さな損失はいつでも取り返すチャンスはあると言う事を念頭に、素直に、損失を大きくしないことが重要です。





「Flo Rida - Elevator ft. Timbaland」




posted by Blessedw/m at 22:49| マイアミ ☁| FX勝敗を左右するもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
The Music Video that's a TEN!




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。