2008年02月24日

FX:情報の請売りをしない


FXをしていると、どこかで、誰かが儲かったと言う話を聞くと、どうしても同じ方法を試してみたくなるものです。そういった心理はごく自然な事ですが、羨ましく思う気持ちを投資に持ち込むべきではありません。こうしたら儲かるなんていう思い込みを抱えていては、冷静な判断が下せなくなるからです。

人からの情報の後追いをして、利益を上げれたと言う話を聞きません。人の真似をすると言う事はまず、自分の「投資スタイル」の確立が出来ていない証拠です。その上、根拠もなく人の真似をしても、理に適った分析もできておらず、それを後追いで、すでに状況が変わってしまった時点で、むりやり当てはめても、利益など上げられる訳がないのです。偶々、現在の状況に、その情報の何かがマッチした時を除いては。つまり、それで利益を上げ続けていけるFX取引の方法を習得した事にはなりませんから、その先はどうなるのでしょうか?

日本人は何にでも、すぐ人の真似をする傾向が、諸外国よりも非常に強い傾向にありますが、真似しては誰かと同じになって、真似する相手と離れたら、また誰か他の人を真似しての繰り返しで、一体「本人」は誰なのでしょう?自分の好きなものは、一体何なんでしょうか?日本人のこの面は、国際的に見て非常に滑稽な部分です。

それと同じで、自分の投資スタイルは、人のそれとは違うべきなのです。以前にもお話しした通り、自分のライフスタイル、経済的体力などすべての自分の要素に基づいて、割り出された「自分の投資スタイル」こそが、自分が利益を生むのに最適な道になっているはずなのですから、FX投資で儲けたければ、人の儲け話を真似て、近道を見つけようなどという中身のない事をするよりも、FXを始める前ばかりでなく、FXを始めてからでも、「デモトレード」を活用したりして、どんどん色々試して分析をし、自分に合った取引手法や取引期間を見つけ、または相場観を養う事で、一日も早く自分の投資スタイルを確立する努力をしたほうが、はるかにこの先FXで、着実な利益につながることを肝に銘じておきましょう。





「Ray J - Sexy Can I ft. Yung Berg」




posted by Blessedw/m at 12:11| マイアミ ☁| FX勝敗を左右するもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
The Music Video that's a TEN!




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。